グローバルナビ


長崎県郷自慢対馬市の名産物



厳原港 日本最大豪華客船飛鳥U・にっぽん丸・ふじ丸
ぱしふぃっくびいなす・などクルーズ寄港

国境の島 対馬厳原港には、日本最大豪華客船の飛鳥Uなどがクルーズ寄港、地域間交流や国際交流などを実施し、地域の活性化や地域振興などを目指す交流活動などが展開されています。

対馬市観光物産推進本部:0920-53-6111


厳原港ターミナル
博多〜壱岐(郷ノ浦・芦辺)〜対馬(厳原)

九州郵船のこの航路には、高速船ヴィーナス・ヴィーナス2、フェリーちくし・フェリーきずな、4隻で運航している。
【高速船ヴィーナス】航海速力43ノット
博多〜壱岐壱岐 1時間10分
壱岐〜対馬 約1時間
【フェリーちくし・フェリーきずな】
博多〜壱岐 2時間20分
壱岐〜対馬 約2時間20分

九州郵船(株):092-281-0831
博多港発着所:092-281-6636
壱岐支店:0920-47-0004
対馬支店:0920-52-0793


厳原港 古来より中国大陸・朝鮮との交易港

厳原港は、対馬島の南東部に位置し、古来より中国大陸や朝鮮半島との交流港として知られ、対馬の藩主宗氏の藩船停泊地として栄えて歴史ももっています。同港は、対馬の玄関口として特定港(港則法)、検疫港(検疫法)及び出入国港(出入国管理及び難民認定法)に定められ釜山港との国際定期航路が就航しており国際交流が盛んであるほか、郷ノ浦港や博多港とも内航定期航路で結ばれ離島生活航路とし島民に親しまれているなど、対馬全体の生活を支える重要な役割を果たしています。現在は、老朽化した岸壁施設等の更新と狭隘化した埠頭施設を再編すべく「離島ターミナル整備事業」が実施されており、より安全かつ安定したターミナル運営が行えるよう人流機能と物流機能の分離を図る施設整備が進められています。

九州地方整備局
長崎港湾・空港整備事務所:095-878-5175


厳原港国際ターミナル 比田勝港国際ターミナル
国際航路 対馬〜韓国 定期航路

平成9年12月に厳原港国際ターミナル、平成11年4月に比田勝港国際ターミナルを開設し航路誘致を行いました。
平成11年7月14日から厳原〜釜山間で、大亜高速海運が高速船「シーフラワー号」を不定期で運行し、平成12年4月から定期航路となり。平成13年4月からは、比田勝〜釜山間も運行を始めました。現在は、「オーシャンフラワー号」が就航しています。
また、平成13年10月より、JR九州高速船鰍フジェットフォイル「(ビートル」が、比田勝〜釜山間に新規就航、更に、11月から未来高速鰍フジェットフォイル「コビー」が、厳原〜釜山間に新規就航しています。
【厳原〜釜山間】  約1時間10分(毎日1〜2便運行)
【比田勝〜釜山間】 約2時間30分(毎日1〜4便運行)

予約先
ジャパン大亜(オーシャンフラワー):0920-52-3138
JR九州高速船(株)(ビートル):0920-86-2210
対馬JETLLN(コビー)
対馬国際ライン(オーシャンフラワー・ビートル):0920-86-2008


対馬の漁港・漁業協同組合 日本海でイカ釣漁・一本釣り漁

対馬は、豆酘漁港・美津島漁港・水崎漁港・伊奈漁港・一重漁港・三浦湾漁港・鴨居瀬漁港・佐賀漁港・小鹿漁港・琴漁港・久根浜漁港・阿須湾漁港・泉漁港など多数の漁港を有し、また、厳原町漁業協同組合内院出張所・厳原町漁業協同組合佐須支所・美津島町漁業協同組合三浦湾支所・美津島町漁業協同組合大船越支所・美津島町漁業協同組合鴨居瀬支所・豊玉町漁業協同組合本所綱島支所・豊玉町漁業協同組合本所位之端出張所・豊玉町漁業協同組合本所水崎支所・豊玉町漁業協同組合本所唐洲出張所・上県町漁業協同組合・仁田支所・上対馬町南部漁業協同組合小鹿支所・上対馬町漁業協同組合泉支所・上対馬町漁業協同組合唐舟志出張所・上対馬町漁業協同組合河内出張所・根緒漁業協同組合などがある、漁業が古くから盛んな島で、沿岸や日本海でのイカ釣漁を主体に、タイやブリなどの一本釣り漁や沿岸での定置網漁が行われています。

対馬市農林水産部水産振興課:.0920-53-6111


対馬の伝統漁業 イカ釣り漁

日本海の対馬海峡に浮ぶ対馬は、豊かな漁場に恵まれ、対馬東沿岸や日本海を漁場の中心とする、イカ釣り漁業が盛んな古い歴史と伝統を誇る漁師まちでです。イカ釣り生産量は県内生産量の約50%を占めています。また、対馬の漁業は、定置網漁や延網漁なども盛んで、古い歴史の漁師まち文化を守り続けています。

対馬市水産振興課:0920-53-6111


対馬の伝統漁一本釣り 天然鯛・天然ブリ

対馬周辺の海域は、暖流とプランクトンの多い寒流がぶつかり、「魚がわきあがる」と評される好漁場で、アジ・サバ・ブリ・イカ・鯛など、豊富な種類の魚が回遊してきます。対馬の漁師は、伝統漁の一本釣り漁法で、天然ブリや天然鯛などを漁獲し、地元漁港に水揚げし、高級ブランド魚として市場に出荷しています。

対馬市水産振興課:0920-53-6111


対馬の伝統海女漁 天然アワビ・天然サザエ

古い歴史と伝統の筑前国鐘崎の海女は、当時、日本海沿岸の各地に出稼ぎして海女漁をした程、知られている海女文化です。対馬沿岸は海藻が多く、餌となるプランクトンが多く魚貝の成長も良く、絶品の魚貝に育ちます。アワビ・サザエ・ウニなどの絶品が育ちます。育てる栽培漁業も盛んに行われ、基準を満たした質の良い魚貝が水揚げされています。

対馬市水産振興課:0920-53-6111


対馬のマグロ漁業基地 巨大マグロ水揚げ

上対馬町漁協の日昇漁業の定置網で、2010年7月、456kg巨大クロマグロが水揚げされ、築地市場で高額で落札され、地元の話題になっています。マグロ漁業基地の上対馬町漁協によると、マグロは体長3m・胴周り2.3m、これほど大きなマグロは初めてとのこと。記録が残る中では、1986年4月に宮城県油津産、496kgマグロが一番大きく、対馬産本マグロは史上2番目の水揚げとなる。

上対馬町漁業協同組合:0920-86-2021


対馬特産 水産加工品

豊富な種類の魚が地元漁港に水揚げされる対馬では、地元の水産加工会社が、水揚げされた新鮮な季節の旬の魚を活かし、地元ならではの特産品を加工・販売しています。地元に水揚げされた魚貝を加工・製品化する、伝統や技術が受け継がれています。

対馬市水産振興課:0920-53-6111


対馬の真珠養殖漁業 対馬真珠養殖漁業協同組合 「対馬真珠」生産

対馬の中央に広がる浅茅湾は対馬を代表する風景で、入江と島々が入り組んだ、大変美しいリアス式海岸です。古代より浅茅湾では天然のアコヤ貝から天然真珠が採取され、朝廷へ献上品とされてきた歴史がある。浅茅湾では、真珠の養殖が盛んに行われています。浅茅湾の真珠は、品質と柔らかい色合いにより高い評価をうけています。また、病気に強い真珠養殖貝を開発し、生産性の向上に貢献したとして、対馬真珠養殖漁業協同組合青年部が、第51回農林水産祭の経営(漁業経営改善)部門で天皇杯を受賞した。

対馬真珠養殖漁業協同組合:0920-52-0347


対馬真珠養殖漁業協同組合青年部 真珠養殖後継者集団

真珠養殖後継者が一人前になるには自分で良い真珠を作る必要があり、浅茅湾を挟んだ豊玉町と美津島町の2つの地区の後継者達は、それぞれ個人的に交流を持ち情報交換をしていました。平成5年の冷夏では玉が巻かず、平成6年の高水温では貝が死に、続いて赤変病が流行り始めた為、「真珠養殖業を守るために皆でなんとかしないと」という思いと、「自分たちの研究の場が欲しい」という、思いを持つ後継者たちが集まって平成10年に青年部が結成されました。

対馬真珠養殖漁業協同組合青年部:0920-52-0347


対馬真珠養殖の赤変病対策や技術開発/普及推進

赤変病は今でも原因不明ですが、青年部は関係機関と連携して疫学調査と感染実験を行い、赤変病が伝染性疾病である可能性を突き止めました。また、組合員から寄せられた情報で、水温が低い方が発症を遅らせることが出来ることを発見、春の仕入れを対馬真珠養殖漁業協同組合全体で止めることで、赤変病の拡大を食い止めることが出来ました。また、通常より1年早く挿核することで赤変病のリスクを減少させる技術も開発しました。

対馬真珠養殖漁業協同組合青年部:0920-52-0347


対馬養殖真珠の品質向上/技術集積を目指す情報交換

青年部員15名は月1回普及センターに集まって、各自の技術をデータ化して年間グラフを作成し、良い成績の部員の技術は皆で共用しています。良い技術を率先して取り入れる積極的な気風が青年部の特徴ですが、先進的な他県の技術はそのまま取り入れることはしません。青年部が水産試験場と共同して試験的に実施し、対馬に合う技術かどうかを判断してから、各部員が自分の漁場に合った方法に修正して取り入れています。各部員の情報が持ち寄り、対馬にふさわしい技術を磨いています。

対馬真珠養殖漁業協同組合青年部:0920-52-0347


対馬真珠養殖漁業による地域雇用の創出

青年部員が養殖している貝の生残率や真珠の品質が年々高まっているため、青年部が開発した技術や生産方法は県内外で普及しています。また、生産性が向上したため、対馬真珠養殖漁業協同組合全体で、潜在的な需要労働人数は300人と言われています。これからは行政の支援を受けて雇用を創出することも期待されています。

対馬真珠養殖漁業協同組合青年部:0920-52-0347


対馬の真珠養殖漁業 北村真珠養殖株式会社 約120年の歴史と伝統

北村真珠は創業1901年。日本全国でも有数の真珠の名産地である長崎県対馬に真珠の生産量、品質共に日本一を誇る養殖場を3場持ち、一世紀余りに渡って日本の真珠業界を牽引し続けています。対馬の養殖場は、リアス式海岸という独特の地形で波が低く穏やかな海面は、きめが細かく良質な真珠をつくるのに最適です。北村真珠は他業者とは違う効率を度外視しても美しさを追求するこだわりの養殖方法を用いており、過去6年間で4度日本一(農林水産大臣賞)を受賞致しました。養殖された真珠は12月〜1月にかけて浜上げされ、選別を行い入札会に出されます。そして全国の真珠を扱う業者様に卸されていきます。真珠の養殖だけではなく販売まで一貫した生産体制を持ち、生産した真珠を素材のまま世界的にも有名な田崎真珠、御木本真珠、香港など海外の国々にも卸しており国内外問わず高い評価をいただいております。北村真珠は完成した製品だけではなく未完成の半製品でもお取引が可能です。一貫した生産体制で中間マージンが一切掛からないため、高品質の真珠をよりお買い求めやすいお値段で提供することができます。

北村真珠養殖株式会社:078-221-6331


対馬の養殖真珠 純国産天然アコヤ母貝 高品質真珠生産

美しい真珠をつくり出すためには、まず優れた母貝が必要です。近年は海の環境も大きく変化していますが、私たちは常に純国産天然アコヤ貝を母貝に用いることにこだわり、2年から3年のときをかけて稚貝からじっくりと育てています。 稚貝の採取には大きく分けてふたつの方法があり、そのひとつが、アコヤ貝が生息する湾にロープを張って杉の葉を吊るし、杉の葉に放卵された稚貝が海流に乗って還ってきたところを採取する昔ながらの方法です。実はこの方法はきわめて効率が悪いのですが、優れた真珠をつくるためには欠かせない安定した稚貝が確保できることから、今もなお伝統の技法を頑なに守り続けています。 もうひとつが、近代真珠養殖に欠かせない人工採苗と呼ばれる方法です。純国産天然アコヤ貝を親とする卵を人為的に孵化させ飼育するのですが、その際にも高品質の真珠を安定的につくり出すために、何代もかけ合わせることをせず一代限りの採苗を旨としています。

北村真珠養殖株式会社:078-221-6331


対馬の養殖真珠 純国産天然「海蛍」生産

対馬の海を切り取ったかのような深いブルーの輝きを持つブルーバロック真珠のペンダント。花珠真珠の年間採珠高は約3%ですが、ブルーのバロック真珠はわずか僅か1%未満と非常に希少です。バロックは丸くない真珠の意。真円ではないため、胸元では見る角度によってさまざまな輝き、表情を見せます。ひと粒珠のシンプルなペンダントですので、カジュアルでもフォーマルでもお召しいただけます。また海蛍は神戸らしいおしゃれで質の高い商品のみが認められる神戸セレクション選定商品にも認定されています。チェーンはホワイトゴールド、真珠のサイズは8mmから10mmまでご用意しております。いつまでも飽きの来ない唯一無二の深い真珠の輝きをお楽しみ下さい。

北村真珠養殖株式会社:078-221-6331


対馬の真珠宝飾品 純国産天然「無調色パールネックレス」

日本最大の生産高を誇る当社において、全収穫量のわずか3%しか獲ることのできない「無調色パール」のネックレスとイヤリング(ピアス)のセットです。 市販のネックレスの9割以上はネックレスの連相(それぞれの真珠の色目)を揃えるためにわずかにお化粧程度の調色がされています。こちらの無調色パールネックレスは真珠本来の色目のままでも、連相が揃うように厳選を重ねネックレスを組み上げています。 サイズは通常の7.5mmサイズから、8-8.5mm,8.5-9mm,9-9.5mmの各サイズをご用意しております。希少さのため数に限りがありますが、真珠の養殖から小売りの全てを一貫して行っているからこそ実現できる品質です。無調色真珠が持つ自然な優しい輝きは、華やかさと控えめさを兼ね備えた日本人女性の魅力をより一層引き立ててくれます。

北村真珠養殖株式会社:078-221-6331


対馬の真珠宝飾品 「対馬紺」

対馬の海を映したかのような、神秘的なアコヤブルー。こだわりの養殖技法と偶然が重なって生まれるとりわけ希少な大珠バロック真珠のみを使用した「対馬紺」は、当社が誇るハイエンドブランドです。こちらのシリーズの真珠には穴開け、染色などの一切の加工を施さず、金具を真珠の形に合わせることで珠の魅力を最大限に引き出しています。熟練の技が息づく繊細で優雅な表情は、世界にひとつのジュエリーと呼ぶにふさわしい逸品です。

北村真珠養殖株式会社:078-221-6331


対馬特産 二ホンミツバチ 蜂蜜生産

対馬では、古来より「蜂洞」と呼ばれる伝統的な道具を使った養蜂が行われている。全国的に西洋ミツバチによる養蜂が主ですが、対馬では伝統的な手法で、ニホンミツバチと蜂蜜を生産しています。島外に出ることがなかった「幻のニホンミツバチ」です。島内の至る所で見かける「蜂洞」(右写真)で蜂蜜を採取します。島内の養蜂記録は6世紀にさかのぼる、古い歴史と伝統を誇る対馬の養蜂風景です。

対馬市農林振興課:0920-53-6111


対馬特産 椎茸生産

山林が89%を占める自然豊かな対馬は、美津島町の白嶽に原始林が残り国の天然記念物に指定されています。林床では、コナラやアベマキなどの原木(ほだ木)を使った椎茸栽培が盛んに行われています。対馬の椎茸は、歯ごたえのある食感で肉厚の深い味わいから「山のアワビ」とも言われています。天然の安心・安全・食品です。

対馬市農林振興課:0920-53-6111


対馬特産 浜御塩

浜御塩は、対馬海流の流れの速い外海に面する海藻が生い茂る海の、浜御塩工房久須保にて取水し、逆浸透膜ネット噴霧式の海水濃縮設備で、濃縮し平釜で炊き上げ仕上げた塩です。塩づくり職人が手塩にかけた美味しいし天然塩です。

対馬観光物産協会:0920-52-1566


対馬特産 若田硯

厳原町の佐須川上流域(若田)には、硯の原石となる頁岩が層をなしており、石の模様をそのまま活かして造られる「若田硯」は、紫式部が源氏物語を執筆する際、愛用されたと伝えられています。江戸時代の儒学者・林羅山をして「中国の端渓」にも匹敵すると言わしめた逸品です。若田硯は留墨、発墨性に優れ、温潤な石質により、多くの書家に愛用されています。

対馬観光物産協会:0920-52-1566


対馬特産 地酒

大正8年創業の地酒蔵は、島民に広く親しまれている対馬唯一の造り酒屋です。代表的銘柄は、対馬の霊峰から名付けた「白嶽」で、平成16年度全国新酒鑑評会金賞、福岡国税鑑評会吟醸酒部門3回連続金賞に輝いています。焼酎「やまねこ」は、麦焼酎8:米焼酎2をブレンドした珍しい麦米焼酎で、あっさりした味わいです。

対馬市商工会:0920-54-8045


対馬銘菓 かすまき

銘菓「かすまき」は、こし餡をカステラ風の厚い皮で巻いた対馬を代表する和菓子です。
江戸時代、参勤交代から帰国した藩主を迎えるに当り、家中一同で喜びを分かち合うために考案されたと、言い伝えがある当時としては贅沢な和菓子です。一般庶民の口にも入るようになったのは、明治以降のことです。

対馬市商工会:0920-54-8045


対馬の郷土料理 石焼料理

美津島町根緒の漁師が、浜辺で暖を取りながら食べていた豪快な漁師料理です。美味しい新鮮な地元の魚介類を、石英班岩と言う特殊な岩を熱し、その上で焼いて食べる郷土料理です。熱された石が発する遠赤外線が食材を内部からふっくらと焼き上げ、素材の旨味を100%楽しむ事が出来ます。

対馬市商工会:0920-54-8045


対馬の郷土料理 いりやき

対馬に古代から伝わる郷土料理で、冠婚葬祭や各種行事などの際、よく振る舞われ親しまれてきた郷土料理です。地鶏やメジナ・ブリなどの魚介類と野菜を具材にした、寄せ鍋ですが、材料の地鶏を椿油で炒ってから料理するため「いりやき」と名付けられたと言われ。海の幸・山の幸の全ての旨みがでたスープに、最後にソーメンとか蕎麦を入れて食べるのが習わしで、「いりやきは後食え」と言われるほど美味しい料理です。

対馬市商工会:0920-54-8045


対馬の郷土料理 くろべえ

江戸時代にさつま芋が薩摩藩から導入され、対馬のやせ地にも適応できる優れた野菜でしたが、保存が難しく問題でした。やがて、さつま芋を水に漬け発酵させるなど、複雑な工程で澱粉(セン)を取り出す方法が考案され、長期保存が可能になりました。乾燥したセンをぬるま湯で戻し、沸騰した鍋の上で、穴のあいた鉄板から押し出して麺状にしたさつま芋の麺、プルプルした食感が楽しめる、対馬の素朴でヘルシーな郷土料理です。

対馬市商工会:0920-54-8045


対馬の郷土料理 対州そば

日本の蕎麦は、縄文時代後期に中国から朝鮮半島を経由して伝わったと言われていますが、荒地に強く水に弱い蕎麦は、対馬の岩がちで平地の少ない土地が適しており、「木庭作」と呼ばれる山の斜面を利用した焼畑で栽培され、今も原種に近い対馬のソバ(対州そば)は貴重な蕎麦です。小粒で風味が強く、独特な味わいがあります。

対馬市商工会:0920-54-8045


対馬の伝統祭り 対馬アリラン祭り

朝鮮半島に最も近いことから、古くから貿易などの交流が盛んに行われていた対馬では、毎年「対馬アリラン祭り」を開催しています。対馬アリラン祭りは日韓交流の大事な祭りで、通信使行列をメインに韓国舞踊団・高校音楽隊などがパレードし、朝鮮からの友好使節団を受け入れた、対馬の歴史と伝統を伝えています。同時に開催される「港祭り」では、船ぐろう(和船で櫓こぎ競争)・子供神輿・花火大会などが、盛大に開催されます。毎年、8月第1土・日曜日に開催。

対馬市観光物産推進本部:0920-53-6111


対馬の郷土祭り 高浜漁師市

美津島町の高浜漁港で開く「高浜漁師市」は、地元高浜漁協の組合員などが全てを自らの手で、準備し開催している自慢の「漁師市」です。地元の漁業振興や観光振興などを目指しています。朝市などでは珍しく、魚を漁獲した漁師が、自ら新鮮な魚を販売するなど、地元の人々を始め訪れる多くの方々に大好評です。観光客の皆様も、安価で買い求めた新鮮な魚貝を、宅配便で送っています。毎週、日曜日に開催。

高浜漁業協同組合:0920-54-2028


隠岐の島名物 隠岐の牛突き

承久3年〈1221年)承久の乱で隠岐に配流になった、後鳥羽上皇を慰める為に始めたのが起源とされ、約780年の歴史と伝統を誇る牛突きで、今も島の伝統文化として伝承され、定期牛突き大会などを開催し牛突き文化を伝えています。春場所大会(5月)・夏場所大会(8月)・八朔牛突き大会(9月)・一夜嶽大会(10月)・秋場所大会(11月)・牛突き練習風景(3月〜10月毎週日曜)などが開催されています。

隠岐の島町観光協会:08512-2-0787


壱岐の島特産 壱岐牛

島の岬の草原で潮風に吹かれて育つ壱岐牛の姿は、のどかな壱岐を代表する牧歌的風景です。1310年(延慶3年)に書かれた「国牛十図」で、日本一の国内牛として紹介されている、約700年の歴史と伝統のブランド牛です。今も肉牛として、黒毛和牛のブランドを誇る壱岐牛で、壱岐の島の主要な産業に発展しています。

壱岐市役所農林課:0920-44-6111