グローバルナビ


岩手県郷自慢洋野町の名産物



洋野町の漁業 沿岸漁業 潜水ウニ漁

洋野町は、世界三大漁場の一つである三陸沖を抱え、プランクトンやミネラル豊富な海に海藻が茂る沿岸の好漁場にも恵まれています。地元の漁協組合では、ウニ漁やアワビ漁・ワカメの彩藻業などが盛んで、特に潜水によるウニ漁は有名です。サケ定置網や季節の旬の地魚を漁獲し水揚げしていることでも有名な漁師まちです。

洋野町役場農林水産課:0194-65-5916


洋野町特産 ウニ・アワビ

種市海岸は岩場が多いため海藻が良く育ち、海藻を食べて成長するウニ・アワビには絶好の生息地になっています。漁協組合では育てる漁業を展開し、キタムラサキウニとバフンウニの稚貝を育て、岩盤に浅い溝をほってウニ・アワビを放流しています。種市産ウニは生で食べるより、缶詰や塩ウニなどの加工用に多く使われています。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 天然アワビ・ホヤ

種市産のアワビは、プランクトンやミネラルが豊富な海の豊かに海藻が茂る沿岸海岸の好漁場に生息し、栄養豊富な昆布などの海藻などを食べて成長します。地元漁協では、旬のアワビやホヤを漁獲し水揚げしています。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 塩蔵ワカメ・コンブ・布海苔

プランクトンやミネラルが豊富な海に海藻が茂る好漁場には、三陸ワカメが良く育っています。三陸産ワカメは、ミネラルや植物繊維が豊富で天然の自然食品です。三陸産いわてワカメは肉厚で弾力があり、歯ごたえが良いと評判が高い自慢のワカメです。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 天然カレイ・メバル

県内で比較的水揚げが多い天然カレイ、マガレイ・ナメタガレイ・宗八カライなどを漁獲し水揚げされています。地元ではメガラと呼ばれているメバルは、脂ののっている魚で焼き魚・煮付け魚に最高魚として需要が高く、地元では漁獲し水揚げしています。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 真タラ・スケトウタラ

マダラは水深150〜200mの大陸棚辺りに生息していますが、厳寒期の12月〜2月には産卵のため、沿岸にもどってきます。洋野沿岸の漁協組合では定置網などで、季節の魚、マタラ・スケトウタラを漁獲し水揚げされています。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 鮭・銀鮭・銀毛鮭・サクラマス

洋野沿岸の好漁場には、エサが豊富なことから季節の魚がたくさん回遊しています。秋の時期に回遊して来る丸々太った脂のった鮭や銀鮭も回遊してきます。地元の漁協組合では、季節の旬の銀毛鮭やサクラマスを漁獲し水揚げしています。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 スルメイカ・ミズタコ

洋野沖で漁獲される大半はスルメイカかヤリイカで、イカの漁獲量は年によって変動がありますが、地元漁協では、安定した漁獲量を確保ています。地元漁港に水揚げされるミズダコは、全長5mにもなる世界最大級のタコで、洋野産のミズダコは足を広げると3mの大物もいます。1年を通して漁獲され水揚げされている魚です。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 ブリ・寒ブリ・真サバ・秋サバ

ブリは成長するにつれて名前が変わる温暖性の回遊魚で、春から夏は北上し、秋から冬は南下し、南下を始める「寒ブリ」は美味し絶品です。サバは漁獲変動の大きな魚ですが獲れています。真サバの旬は9月〜11月で秋サバと言われています。サバは鮮度が命の魚です。

種市漁業協同組合:0194-65-4551
戸類家漁業協同組合:0194-65-2636
小子内浜漁業協同組合:0197-3411


洋野町特産 干しアワビ

新鮮なアワビを茹でて天日干ししたアワビを「乾鮑」と呼び、中華料理にはかかせない大変大切な高級食材で、大きい乾鮑は高値で珍重されています。中華料理の本場香港では、高級な乾鮑の産地として、青森・岩手が知られており、非常に高値で取り引きされています。

洋野町役場農林水産課:0194-65-5916


日本で唯一の「潜水課」 南部もぐり

県立種市町高等学校には日本で唯一の「潜水課」がある。明治31年に日本郵船の貨客船が座礁し、船はその後潜水夫によって挽きあげられた。八戸南部藩の領地であった、種市のもぐりは「南部もぐり」と呼ばれた。昭和27年に潜水課が誕生し、現在は海洋開発課となって、潜水と土木の基礎的知識と技術を学ぶことができる、全国唯一の学科があり、人材を育てています。

岩手県立種市町高等学校:0194-65-2145


洋野町の農林業の概要

岩手県北部の冷涼なヤマセ地帯に位置する洋野町大野地区(旧大野村)は、農林畜産物の栽培やそれを利用した付加価値食品の開発研究によって、農業や食品産業を活性化しようと積極的に取り組んでいる地域です。標高200m前後のなだらかな丘陵地が連なる高原型の農山村風景の郷は、太平洋に比較的近いため夏季には偏東風「やませ」による影響を受けやすい地帯であることから、これを逆利用した酪農や雨よけホウレンソウなどの高原野菜などの生産、「大野木工」で知られる木工芸品の生産など、土地の特性と資源を生かした産業の推進という視点から注目されています。また、自然に育まれた有機農産物をはじめ、新鮮な生乳から作られる乳加工製品生産など特産品を産出し、消費者ニーズに応えています。

洋野町農林課:0194-77-2113
JA新岩手大野支所:0194-77-2161


洋野町の酪農の概要

大野の酪農は、ヤマセによる夏の低温と日照不足を避けられない土地であったことに加え、稲作、畑作ともに適地とはいえなかったことから発祥しました。現在では大野乳製品は広く知られるほど成長し、おおのゆめ牛乳を始め、ヨーグルト等の加工品も特産品となっています。

JA新岩手大野支所:0194-77-2161
洋野町農林課:0194-77-2113


洋野町の畜産の概要

高原の土地柄を利用した黒毛和種の生産農家を始め、最近では、ブロイラーや養豚業も盛んとなり、純和系赤鶏や八幡平ポークなどのブランド品種の生産農場もあります。

JA新岩手大野支所:0194-77-2161
洋野町農林課:0194-77-2113


洋野町特産の椎茸栽培 乾しシイタケ生産 県内トップクラス

本町の椎茸栽培は、豊富な山林資源を活用した原木椎茸の栽培にも力を入れ、特に乾椎茸は生産量・質ともに岩手県内でトップクラスで、全国でも高い評価を得ています。

JA新岩手大野支所:0194-77-2161
洋野町農林課:0194-77-2113


岩手久慈広域唯一の牛乳・乳製品工場 おおのミルク工房

平成17年に操業開始した、大野ミルク工房は岩手久慈広域で唯一の牛乳・乳製品工場です。「自分達が愛情込めて育てた牛から搾った乳を、自分達が自宅で楽しんでいる『味』で皆さんにも飲んでもらいたい」と現役酪農家たちが集まって設立した会社です。酪農家たちの≪ゆめ≫を込めて作った牛乳・ヨーグルトなどの乳製品を皆様にお届けしています。

おおのミルク工房:0194-77-4301


洋野町特産 ゆめ牛乳 ゆめヨーグルト

酪農王国として有名な岩手県の洋野町大野地区(旧大野村)の大自然の中で、酪農家が自信を持って「ゆめ牛乳」と「ゆめヨーグルト」を生産し販売しています。酪農家の皆さんが、生産から販売にいたるまで、全ての過程に現役の酪農家が携わり、安全・安心な乳製品づくりに努めています。ゆめ牛乳は、酪農家が絞りたてをお鍋でコトコト沸かして飲む牛乳の風味を再現した牛乳です。100度以下(沸騰していない温度)での殺菌方法、生乳の成分を出来るだけ傷付けず 生乳本来の風味を活かした牛乳です。ゆめヨーグルトは、生乳・乳酸菌・砂糖・水飴(オリゴ糖)で作ったヨーグルト。(脱脂粉乳、安定剤、増剤は使用していません。)「甘さ」と「酸味」をおさえたまろやかな口あたりのヨーグルトです。Lクレモリス菌を始め4種類の乳酸菌を使用。

おおのミルク工房:0194-77-4301


洋野町特産 乳製品詰め合わせギフト

酪農王国として有名な岩手県久慈地方の新鮮で良質な生乳をふんだんに使用した乳製品詰め合わせギフト。85℃で殺菌したふんわりあま〜い『ゆめ牛乳』、甘味と酸味を抑えた『ゆめヨーグルト』、飲めるヨーグルトの『ソフトヨーグルト』、卵を使わず、生乳を前面に引き出した『ゆめミルクプリン』。酪農岩手の味をご堪能ください。

おおのミルク工房:0194-77-4301


洋野町特産 りんご

洋野町大野地区(旧大野村)では、気候の冷涼性など地域の特性を生かしたリンゴを栽培しています。豊かな自然が育てた、大野のリンゴは品種により個性的な味わいがあり評判です。

(株)下重農園:0194-64-5480
JA新岩手大野支所:0194-77-2161
洋野町農林課:0194-77-2113


日本古来の野生ぶどう 日本一山ぶどう産地の久慈地方

岩手県北沿岸の久慈地方は、栽培面積日本一の山ぶどう産地です。自然に恵まれた東北北部に多く自生している日本古来の野生ぶどうの産地で、気候の冷涼性など地域の特性を生かした山ぶどうを栽培しています。岩手県久慈地方地方では、山ぶどう液を愛飲する風習があり。甘酸っぱい酸味が特徴の山ぶどうは普通のぶどうの約8倍ものポリフェノール、3倍の鉄分、4倍のビタミンCを含むなど栄養価がとても優れ。産前産後の女性へのお土産に重宝されています。ただ、とても小粒な上にたくさんの種があるため可食部が少ない分、そこから絞れる果汁も少なくとても希少です。

(株)下重農園:0194-64-5480
JA新岩手大野支所:0194-77-2161
洋野町農林課:0194-77-2113


洋野町特産 りんごジュース

洋野町大野の豊かな自然が育てた、りんご100%の「りんごジュース」。りんごの品種により個性的な味わいがあります。

(株)下重農園:0194-64-5480
JA新岩手大野支所
大野ふるさと公社:0194-77-3202


洋野町特産 山ぶどうジュース

自然に恵まれた東北北部に多く自生している日本古来の野生ぶどう、山ぶどう25%のジュース。洋野町大野の地域特産マイスターが丹精込めて育てました。ポリフェノールを多く含み、健康にも最適なジュースです。

(株)下重農園:0194-64-5480
JA新岩手大野支所
大野ふるさと公社:0194-77-3202


大野木工の原点は「一人一芸」運動 18施設の「おおのキャンパス」

岩手県北部に位置する洋野町大野地区(旧大野村)は、自然豊かな土地だけに、主要産業として農業が挙げられるが、北上高地の山間にあって耕作地は少なく、オホーツク海気団から吹く冷たく湿った北東風「ヤマセ」により夏の低温と日照不足を避けられない土地で、稲作、畑作ともに適地とはいえず、比較的荒地でも行える酪農に頼るほかなかった。現在では、大野の酪農は本州では広く知られるほど成長したが、かつては小規模な農家が多く、安定した現金収入を得るためには、1年を通しての出稼ぎという手段が一般的であった。1980年に、旧大野村で興った「一人一芸」運動は、当時のそんな状況を変えるために始まった。運動の中心にいたのは、当時、東北工業大学の教授で工業デザイナーとして活躍をしていた故・秋岡芳夫氏。氏は、旧大野村を現地調査し、地元にアカマツやトチ、ケヤキなどの木材資源が豊富なことと、出稼ぎにおける職業として大工が多いことなどから、木工製作を中心とした新しいまちづくり「一人一芸の里」の実現を提唱した。秋岡氏は、地域で埋もれていた工芸品に知恵と技を加え、すぐれた生活用具にリファインして都市生活者に紹介する「モノモノ」運動の提唱者であり。大野での「一人一芸」運動でも、木材という土地の資源に脚光をあてながら、地元に新しい技術と価値観を根づかせることで、木工クラフトをはじめとする新たな産業の創出が可能になると考えたのである。旧大野村では、秋岡氏のこの提案に沿って「大野村春のキャンパス80」を開催。各界で活躍する講師の指導により、木工ろくろ、ホームスパン、竹細工や地域の素材を用いた乳製品の加工、郷土料理などを内容とするワークショップが催され、本格的に「一人一芸の里」づくりがスタートした。現在は、道の駅をはじめ大野木工を製作する木工房や産業デザインセンターなど、18の施設からなる現在の「おおのキャンパス」は、この「大野村キャンパス」が原点で、ものづくりと地域資源の再発見の場として、活動の幅を広げながら次世代を目指す事業を展開しています。

大野木工
大野ふるさと公社:0194-77-3202


北上山地育ち樹齢100年以上素材 大野木工製品 全国的ブランド品

「大野木工」は自然の温もりを感じさせる木工品として全国的に有名です。丸太を直径の長さに切る「半割方式」を採用していることから美しい木目が出ます。塗装もプリポリマー処理しているため耐久性・耐熱性に優れ、食器洗浄機や消毒保管庫にも利用でき、取り扱いも簡単で日常使う器としては最適です。学校給食器や保育食器としても導入されており、実用性には定評があります。耐久性、安全性、保湿性にも優れ、長く使っていただける器です。

大野木工
大野ふるさと公社:0194-77-3202


大野木工の保育給食器セット 保育園で愛され続けるベストセラー商品

現在、大野木工が手がける保育給食器セットは、全国の180か所を超える保育園で愛され続けているベストセラー商品であり、食育の意識が高まりつつある現在の保育園の給食現場においては、大野木工は最も有名なブランドのひとつへと成長を遂げつつあります。

大野木工
大野ふるさと公社:0194-77-3202


大野木工の技術継承 大野木工クラフトマンの育成

大野木工の制作は、木工ロクロ機で職人が一つ一つ手づくりで仕上げるのが特徴で、使う材の中心は、町内をはじめ岩手県北のアカマツやトチなどが中心です。材料を乾かした後に、木取り、粗彫り、中彫り、仕上げ彫り、塗装という工程で完成させますが、重要なのは、それぞれの作業の丁寧さと、しっかりと時間をかけて乾燥させ、狂いのない状態にしてやることが大切です。現在でも、おおのキャンパスでは大野木工クラフトマンの育成を行っており、3年間を研修のひとつのスパンとして活動を続けています。「木は生きているものですから」と語る瀧音嘉幸さんは、東京からUターンし、大野木工クラフトマン養成塾で3年間修業した後、おおのキャンパスの木工房の職人として活動中です。

大野木工
大野ふるさと公社:0194-77-3202


洋野町名物 海の体験交流

洋野町では本格的な海の体験が出来るコースがあります。4月〜8月「海釣り体験」、「タコ漁体験」はミズダコの篭の引き揚げを体験できます。「カニ漁体験」はちょっと寒いですが、カニの季節の1月上旬〜3月末になります。「潮干狩り」は6月上旬〜8月上旬で、貝類・ツブや磯の生き物が発見できます。B&G種市海洋センターではヨット・ウィンドーサーフィン・水上スキーなどの学習もできます。また、捕れたてウニ丼作り体験もあります。

洋野町役場農林水産課:0194-65-5916


洋野町名物 陸の体験交流

稲作体験は苗植えから脱穀なで季節ごとに体験ができます。グーズベリー摘み体験は6月中から7月中に摘んで持ち帰れます。蕎麦打ち体験、炭焼き体験。久慈平岳散策体験はキノコや山菜が出迎えてくれます。また、農業体験や野菜もぎ体験などもあります。また、地元のお年寄りが民芸のわら細工を教えてくれる「わら細工体験」もあります。

種市町ふるさと交流館アグリパークおおさわ:0194-66-2662


久慈市の漁業 北限の海女漁文化

風光明媚な小袖海岸は北緯40度。小袖海岸にはウニ・アワビを潜って採る海女がおり、日本で最も北の海の海女として「北限の海女」と呼ばれています。真夏でも水温が20度を下回る海で7月〜9月に、人魚のように華麗に魚貝を採る働海女の姿が見られます。小袖海女センターではシーズン中、実演や記念写真に応じていまます。

久慈市役所農林水産課:0194-52-2111
小袖海女センター:0194-54-2261


青森県階上町の漁業 階上漁業協同組合の沿岸漁業

階上町は、神亀年間(724〜728年)行基僧が応物寺を創建した記録が残っている歴史の古い町で、三陸リアス式海岸に面した漁業が盛んな漁師まちです。町には、小舟渡漁港・榊漁港・追越漁港・大蛇漁港・荒谷漁港があり、漁協組合では、釣り・定置網・刺し網・採介藻を中心に沿岸漁業で、三陸の季節の旬の魚介類を漁獲し地元漁港に水揚げしています。小舟渡漁港には、外来船による水揚げも多くなっています。

階上町役場産業振興課:0178-88-2111
階上漁業協同組合:0178-89-2111